渕上惣次郎

渕上 惣次郎・ハツ子

ふちがみ そうじろう・はつこ

生産地:女島
生産物:甘夏、しらぬい

「続けられるだけ続けんば」と話すのは、妻のハツ子さん。80歳になるが、「人にはさせんよ」と笑いながら箱詰めも一人で行う。

長船和子

長船 正純・カズ子

おさふね まさずみ・かずこ

生産地:女島
生産物:甘夏

「山登り」と言われる急傾斜の園地で、通常は一人で作業をこなすカズ子さん。甘夏を「わが子のように可愛い」と語るまなざしが愛情に溢れている。

浜田猛

浜田 猛

はまだ たけし

生産地:女島
生産物:甘夏、しらぬい

漁をしながら山を守る二代目。「見かけは悪いけど、中身で勝負しますけん、たくさん食べてください」。豪快な人柄だが、照れ笑いとともにそう語る。最近は息子さんが作業に加勢してくれている。

井川良一・京子

井川 良一・京子

いがわ りょういち・きょうこ

生産地:女島
生産物:甘夏

「うちは家族みんな、毎日でも甘夏を食べますよ」と言う良一さん。自分で皮を剥いて振る舞うことも。妻の京子さんとともに、熱心に生産にあたる。

釜諭

釜 諭

かま さとし

生産地:女島
生産物:甘夏

きばる最高齢の生産者。40年以上、妻の美枝子さんとともに作業に励む。今季で最後にしようと考えていたが、息子さんが継いでくれることになった。

緒方幸子

緒方 幸子

おがた さちこ

生産地:女島
生産物:甘夏

「雨が降らんば、子どもが病気になったごて、心配になる」と漏らす幸子さん。「良いみかんができたらと、それが楽しみで作っている」。その願いはきっと、お天道さまにも通じるはず。

緒方茂実

緒方 茂実・くに子

おがた しげみ・くにこ

生産地:女島
生産物:甘夏、しらぬい

きばるの現会長である茂実さん。「苦労話はどしこでんできるばってん……支えてくれた人たちに対して、恩返しと思いながらつくり続けています」と静かに語る。

福山惣市

福山 惣市

ふくやま そういち

生産地:福浦
生産物:甘夏、しらぬい

朝4時に起きて、まず漁に出る。漁から帰ってそのまま園に行く。「子どもは子どもやけん、継げとは言わん」。クールでマイペースな惣市さんである。

福山貞雄・春男

福山 貞雄・春男

ふくやま さだお・はるお

生産地:福浦
生産物:しらぬい

息子の春男さんは園地拡大、生産量増大に意欲的に取り組む。時に厳しいことも言うが、その語り口からはみかんに対する熱い思いが伝わってくる。

福山喜久

福山 喜久

ふくやま きく

生産地:福浦
生産物:甘夏

買ってくれる人が開けたときに「わあっ」と感激してもらえるように、自分で詰めた箱をもう一度開けて確認するというそのこだわりは、深い。

福山鉄満

福山 鉄満

ふくやま てつみつ

生産地:福浦
生産物:甘夏、しらぬい

やりがいは?と尋ねると「孫!」とひとこと。良い甘夏づくりのコツは、「人の園を見て学ぶ」。話しながらも作業をやめない姿に、鉄満さんの実直さを見た。

平生辰雄・重子

平生 辰雄・重子

ひらばえ たつお・しげこ

生産地:福浦
生産物:甘夏、しらぬい

最初期からの生産者の一人。「最近はエンジンもかけきらんごとなってきた」と語る重子さんだが、作業はほとんど一人でこなす。

平野数行・八代美

平野 数行・八代美

ひらの かずゆき・やよみ

生産地:福浦
生産物:甘夏

現在も漁を続けながら、甘夏を作っている。体調が悪い時もあるが、妻の八代美さんと一緒に、「自分が買って食べる立場になって、なるだけ美しく見えるものを」と、園に向かう。

高橋昇

高橋 昇

たかはし のぼる

生産地:月浦
生産物:甘夏、しらぬい

無農薬栽培を始めて6年目を迎えた園は、たっぷり撒かれた堆肥でふかふか。それを狙ってか人柄ゆえか、高橋さんのまわりには人も動物もよく集まる。

植田真由美

植田 真由美

うえだ まゆみ

生産地:月浦
生産物:甘夏、しらぬい

護さんの園を継ぐ二代目。三人の男子を育てながら、家事に育児に園の管理と、忙しい毎日。朝から二度洗濯をして八時に園に向かうその姿に、母の偉大さを垣間みる。

田上英子・眞由美

田上 眞由美

たのうえ まゆみ

生産地:月浦
生産物:甘夏

英子さんから引き継いだ園で、独自の剪定方法を守りながら日々の作業にいそしむ。「無理はしないの」とは言うが、園を見ればその丁寧な仕事ぶりがよく分かる。

田上康成

田上 康成

たのうえ やすなり

生産地:月浦
生産物:甘夏、しらぬい

モネの絵画やジブリの森から着想を得た樹づくりに挑戦。スイートスプリングやグレープフルーツなどの新品種にも力を入れる、期待の若手生産者。

佐藤春男

佐藤 春男

さとう はるお

生産地:茂道
生産物:甘夏、しらぬい

妻の絹子さんと一緒に、日々作業に勤しむ。日照りが続く夏も、水やりは欠かさない。近年増えたテッポウムシが特に気がかり。

佐藤雄三

佐藤 雄三

さとう ゆうぞう

生産地:茂道
生産物:甘夏、しらぬい

父、長利さんから園を受け継ぐ二代目。魚問屋としての一面も併せ持つ。忙しい中でも「たとえ収量が減っても、いいみかんを作りたい」と摘果に励む。

森典子

森 貞光・典子

もり さだみつ・のりこ

生産地:茂道
生産物:甘夏、しらぬい

いつも明るく、笑顔が素敵な典子さんだが、選果の厳しさはきばるの中でもトップクラス。日々の作業を一人でこなすも、園に住むクモが大の苦手。

杉本守

杉本 守

すぎもと まもる

生産地:茂道
生産物:甘夏、しらぬい

みかんの育て方とその行動力は、きばるの中でも随一。齢を重ねながらも、若い者にひけをとらない。茂道一帯の山を甘夏団地にした原動力も、実はこの守さんにあった。

関幸人・孝和

関 幸人・孝和

せき ゆきと・たかかず

生産地:御所浦
生産物:甘夏

孝和さんは兄、幸人さんとともに生産に携わる。「俺はおなご(女性)にしかこだわりは持たん」と冗談を飛ばしながらも「こちらが誠意ある対しかたをすれば、お客さんも誠意ある対応をしてくれる。人と人の付き合いやっで、これは。だけん、買う人のことば考えて甘夏を詰める」と、こだわりは人一倍強い。

関和美

関 直人・和美

せき なおと・かずみ

生産地:御所浦
生産物:甘夏

ケアマネージャーとして働きながら、甘夏の生産にも手を抜かない。買ってくれる人が、楽しみにしてくれる人がいるから、辞めずに続けられると言う。「自分がほら、しきらんならせんけど、まだできるから。だいたい好きだもんなー、私も、甘夏が。」甘夏を上手くつくる秘訣は、ご主人と喧嘩しないで仕事をすることだそうです。

荒木スエミ

荒木 スエミ

あらき すえみ

生産地:御所浦
生産物:甘夏

「冬になると落ち葉を拾うの専門やもん」。以前は良い土をつくるために、冬になると甘夏の樹と樹との間を耕してまわった、スエミさん。最近では腰を痛めたこともあって、代わりに山から採ってきた落ち葉を撒いて腐葉土にする。シャキっとしたその物腰は、年齢を感じさせない。

荒木瑞恵

荒木 秀親・瑞恵

あらき ひでちか・みずえ

生産地:御所浦
生産物:甘夏

みかん園に行くのが安らぎだと言う、瑞恵さん。甘夏の作業をやろうと思うと、体が20代のように若返るそうだ。今一番の悩みは、カラス。カラス除けをつるしていたところ、その上でカラスが羽を休めているのを見てがっかりしたと笑いながら話すが、悩みは深い。

森尚也

森 尚也

もり なおや

生産地:御所浦
生産物:甘夏

父、英明さんの跡を継ぐ二代目生産者。「甘夏が可愛い。手をかけたらかけたぶん。去年より今年、今年より来年という気持ちを持ってつくっている」という優しい語り口がそのまま、甘夏の樹への接し方に繋がっている。